雨漏り修理のことなら【雨漏り修理navi】



フリーダイヤル0800-805-7698

新築でも

弱点

新築の場合でも雨漏りをするケースもあります。
新築なのに・・・欠陥住宅だったのか!?と思うかもしれないのですが、そういうことではないのです。
もともと窓の部分や換気口などという部分は雨水が侵入して来やすい部分でもあるのです。
ですのでいくら防水の技術が進化してきていても雨漏りになりやすいのです。

通常でもシーリングの寿命は5年程度といわれているのです。
ですので家を建ててから5年しか経過していないのに・・・と思う必要はありません。
あまりにも早い段階で雨水が侵入してきた場合は施工会社に連絡をしたほうがいいでしょう。

雨水に弱いと言われている部分を自分で補強するということも可能です。
一度ホームセンターなどに行ってグッズを探してみるのもひとつの方法でしょう。

自分の家は出来るだけいい状態を保たせたいですからね。
そのためにも様々な防水処理を行わなくてはなりません。これから家をたてるという人は防水の強化をしてもらうようにしましょう。

雨漏り修理でお悩みなら雨漏り修理naviへご相談ください

スタッフ待機中!