雨漏り修理のことなら【雨漏り修理navi】



フリーダイヤル0800-805-7698

どうして?

老朽化

そもそもどうして雨漏りがするのでしょうか?
パッと思いつくもので言うと、屋根が壊れていたり、老朽化していたり、ひび割れしていたり・・・ということが考えられますよね。
このような理由で雨漏りするのが確かに多いのです。
屋根から雨漏りをするという場合には防水シートに問題があると考えられます。
一般家庭の屋根は、一番下に下地があって、その次に防水シート、その次に瓦が置かれているのです。
しかし、この防水シートというのはそんなに防水の機能はないのです。
防水シートとは雨水を屋内に浸透させないようにしているだけなんです。また、このシートは寿命が長いのでシートが劣化したから交換するということは少ないんです。
ただ、シートを重ねている部分に隙間が生じてその間から雨水が侵入してくるということはあります。
また、瓦が割れてしまったりヒビがはいってしまうと、むきだしの状態のシートで水を吸収するわけですから効果は減りますよね。
そんなにたくさんの水を吸収することは出来ないですからね。
ですので、定期的に瓦をメンテナンスし無くてはならないのであります。

雨漏り修理でお悩みなら雨漏り修理naviへご相談ください

スタッフ待機中!